二重まぶた手術の基本

■埋没法と切開法

二重まぶたを作るやり方に「埋没法」と「切開法」があることをご存じの方は多いと思います。この二つの手術の受け方についてポイントをお話しします。

●埋没法●
皮膚を切らないで二重のクセをつけるやり方です。傷がないのでストレスが無く、その日から顔も洗えます。初めて重瞼術を受ける方におすすめの方法です。あまり知られていませんが、一重の方でも、本来その人が持っている二重のラインが存在します。術前に院長がそのラインを再現してご説明します。当院の埋没法は、外れにくい全層埋没法を採用し、角膜損傷の恐れのある瞼板での固定法は行いませんのでコンタクトレンズ使用の方も安心です。
ただし、埋没法といえども腫れが引くまでには1ヶ月ほどかかることを理解しておくことが大切です。

●切開法●
切って縫いますので、抜糸ができる5日間ほどは まぶたに糸が付いています。腫れも埋没法が1ヶ月で収まるのに対して、切開法は約3ヶ月ほどかかります。切開法を行うのは、過去に埋没を行っているが重瞼ラインがどうしても消失してしまうケースや、まぶたの余分な脂肪を取りたい、並行型のラインを作りたいなどの場合です。また、眼瞼下垂の手術も同時に行えます。

当院を受診される際には、自分はどんなラインが好きなのかをあらかじめ確認しておかれると院長の説明がわかりやすくなります。

 

 

院長は医師向けの専門誌に

二重手術の論文を発表しています