新横浜形成クリニック

横浜市港北区の美容外科は新横浜形成クリニックへ。美容整形、外科手術、全て院長自ら手術。開業20年以上、20000人以上の診療実績。新横浜駅徒歩8分。


TEL.045-471-2228

〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-17-11 アイシスプラザ2階

診療内容6〜刺青(入れ墨、タトゥー)を確実に除去〜

■刺青(入れ墨・タトゥー)を取る方法

きれいな入れ墨(刺青)はまさにアートの世界です。
しかし日本では古くから任侠の象徴として入れ墨をする
習慣があるため、今でもあちこちで社会的な偏見が残って
います。公衆浴場やプールで「刺青の方お断り」の表示を
見かけることもまれではありません。

サーファー達の間で流行の腕や足のTATTOO(タトゥー)
は、いざ就職が決まると、取らなければならない状況に
なります。それもできるだけ短期間に全部取らなければ
なりません。


現在のところ、刺青を消しゴムで消すような魔法はあり
ませんから、tattooがあったことを絶対に想像させない
傷に変える以外ありません。それも短期間で完成させな
ければなりません。

もっとも理想的な仕上がりは、タトゥーのある皮膚を縫い
縮めて、一本の線の傷に変えてしまうやり方です。比較的
小さなものは一回で行えます。やや大きめのものでも回数
を分ければ可能です。

皮膚の切除ができない程の大きなタトゥーは、最新ヤグレーザー
を使って色を消していきます。
ケガによって生まれた刺青(外傷性刺青)は、ほぼ1回で色が消えます。
プロから素人まで、すべての入れ墨(刺青)切除に対応
しておりますのでご相談ください。また、当院の治療法は
TBSテレビの「ニュースの森」で特集されました。

【まとめ】

刺青を取るには、レーザーを使う方法と、手術で切除する方法があります。


■短期間で取るには、手術切除が第一選択です。

この場合、形成外科のテクニックを用いて切除縫合(縫縮)します。
1回で取り切れないほどの大きなものは回数を分けて切除します。
抜糸は手術後2週間目です。


■皮膚切除ができない場合は、刺青専用の最新レーザーを使って治療を行います。

この場合、1~2ヶ月おきに、複数回の照射が必要です。

 

当院では、手術切除もレーザー治療も、外来でおこない、入院は必要ありません。

全国からご相談の方が増えております。

Copyright© 2012-‘2017’ 新横浜形成クリニック All Rights Reserved.